年賀切手で新年のあいさつを出してみよう!

希少性が高い切手を高く買い取ってもらう秘訣

切手はコレクションの対象として長い歴史があるため、多くの古物商業者は切手の買取業務を手掛けています。特に希少性の高い切手は高額で取引されますが、切手の状態によって査定額が変わるので日頃から丁寧に扱うことが大切です。切手は用途の性質上、安価な素材で作られている物が多いので劣化しやすく、日焼けや水濡れによって著しい劣化に見舞われるリスクが高いので注意が必要です。希少性が高い切手でも変色や破れなどの不具合があると査定額が大きく下がるので、傷みが生じないように丁寧な扱いが求められます。切手は手垢や汗などの汚れで傷むことが多いので、扱う際は決して素手で触らないことを心がけます。日光や室内照明に含まれている紫外線は色落ちの原因になる他、空気中の湿気はカビの繁殖に繋がるので乾燥した暗所に置くのが長持ちさせる工夫の一つです。切手の価値は状態の良し悪しの他、世間での流行も大きな影響をもたらします。同じ切手でも時期によって査定額が変わるので、買取りを依頼する際は切手人気の状況を踏まえて判断することが大切です。