年賀切手で新年のあいさつを出してみよう!

使う機会がないのであれば買取へ持ち込もう

切手というのは、コレクターにとって集めるのが楽しい物であり、発売が待ち遠しい品でした。大半はコレクションのために買い求められたものの、特別な手紙には通常の切手ではなく、記念切手を使うなどして楽しんだものです。そんな切手も、今や手紙を出すという行為そのものが激減したことによって、使う機会がぐんと減りました。コレクションとして集めた物だけに、メールやLINE全盛期の今は、まさに取り出して眺め、楽しむだけの品になっているのではないでしょうか。コレクションをしていた人が亡くなった場合、遺族としては故人がお金を出して買い求めたものだけに、処分するのはもったいない品です。たくさんあればあるほど、使い道がなくて途方に暮れてしまいそうですが、金券や記念コインを取り扱っている店なら買い取りをしてくれます。金券ショップよりも、一つ一つ確認し、価値を見出してくれる店を探して持ち込むのがおススメです。それは、中にはマニアが欲しがる切手には高値を付けて買い取ってくれる可能性があるからで、時間と手間をかける価値はあるでしょう。